バートン・リチャードソン来日講習会2018 講習会内容詳細

スケジュール

(1) 2018/10/06(土)
  10:00-12:00
東南アジアの武術と文化 前編〜武術と音楽と踊り〜
(2) 2018/10/06(土)
  14:30-16:30
東南アジアの武術と文化 後編〜フラワーダンスを楽しむ〜
(3) 2018/10/07(日)
  10:00-12:00
JKDUの構造と感覚の基礎訓練 前編〜構造から出る力〜
(4) 2018/10/07(日)
  14:30-16:30
JKDUの構造と感覚の基礎訓練 後編
(5) 2018/10/08(月)
  10:00-12:00
伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 前編〜ブラジリアン柔術との関係〜
(6) 2018/10/08(月)
  14:00-16:00
伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 後編〜総合格闘技との関係〜
(7) 2018/10/13(土)
  10:00-12:00
JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 前編
(8) 2018/10/13(土)
  14:00-16:00
JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 後編
(9) 2018/10/14(日)
  10:00-12:00
東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 前編
(10) 2018/10/14(日)
  14:00-16:00
東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 後編
日付時間タイトル会場
(1)2018/10/06(土)10:00-12:00 東南アジアの武術と文化 前編〜武術と音楽と踊り〜
(2)2018/10/06(土)14:30-16:30 東南アジアの武術と文化 後編〜フラワーダンスを楽しむ〜
(3)2018/10/07(日)10:00-12:00 JKDUの構造と感覚の基礎訓練 前編〜構造から出る力〜
(4)2018/10/07(日)14:30-16:30 JKDUの構造と感覚の基礎訓練 後編
(5)2018/10/08(月)10:00-12:00 伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 前編〜ブラジリアン柔術との関係〜
(6)2018/10/08(月)14:00-16:00 伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 後編〜総合格闘技との関係〜
(7)2018/10/13(土)10:00-12:00 JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 前編
(8)2018/10/13(土)14:00-16:00 JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 後編
(9)2018/10/14(日)10:00-12:00 東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 前編
(10)2018/10/14(日)14:00-16:00 東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 後編
Session 1 :

東南アジアの武術と文化 前編

〜武術と音楽と踊り〜

日付2018/10/06(土)
開場時間09:30
講習時間10:00-12:00
定員35人
会場文京区 区民センター3-A会議室
Session 2 :

東南アジアの武術と文化 後編

〜フラワーダンスを楽しむ〜

日付2018/10/06(土)
開場時間14:00
講習時間14:30-16:30
定員35人
会場文京区 区民センター3-A会議室

今回の来日講習会の1日目は武術/武道が全く初めての人や、家族で練習してみたい方、芸術や文化にご関心のある方へ向けた内容です。

シラットなど、東南アジア武術と踊りの繋がりを実技を通して教わります。

バートン師範は若い頃から武術だけではなく東南アジアやポリネシアの踊り、東南アジア音楽の研究などもされ、それらの研究においても世界的な第一人者です。

武術、踊り、文化研究にご関心のある方や、各分野が全く初めてでも受講いただけるような内容になっていますので御関心のある方は是非お越しください。

Session 3 :

JKDUの構造と感覚の基礎訓練 前編

〜構造から出る力〜

日付2018/10/07(日)
開場時間09:30
講習時間10:00-12:00
定員35人
会場文京区 区民センター3-A会議室
Session 4 :

JKDUの構造と感覚の基礎訓練 後編

 

日付2018/10/07(日)
開場時間14:00
講習時間14:30-16:30
定員35人
会場文京区 区民センター3-A会議室

東京での2日目のテーマは感覚と構造についてのワークショップになります。

この日は午前中には対人の攻防におけるストラクチャー(構造)やフォーム(構造、形)が持つ力と、その意味をバートン師範に教わります。

私が目撃したバートン師範と超一流の組技の使い手とのスパーリングでも常にストラクチャー(構造)とフォーム(構造・形)を大切に動かれており「なるべく力に頼らないで良い形や構造」と「力を上手く使える形と構造」を運用して世界トップクラスの組技の方も関心されるような攻防をされていました。

この様なストラクチャー(構造)とフォーム(形)をどのように運用し、身につければ良いかを習って行きます。

午後のワークショップでは、フォーカスを「感覚(センサティビティー、フィーリング)」に当てて行きます。

中でも“目に頼らない”攻防や練習方法にフォーカスを当てて行きながら、普通なら最も頼りにしたくなる目を用いないで練習することの意味と役割、効用などについて触れて行きます。

Session 5 :

伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 前編

〜ブラジリアン柔術との関係〜

日付2018/10/08(月)
開場時間09:30
講習時間10:00-12:00
定員35人
会場池袋近辺の会場
Session 6 :

伝統武術と格闘技~KAlI&SIlAT FOR THE MMA&BJJ~ 後編

〜総合格闘技との関係〜

日付2018/10/08(月)
開場時間13:30
講習時間14:00-16:00
定員35人
会場池袋近辺の会場

東京3日目は古今東西の武術/武道、格闘技を結ぶ鍵となる「MMAなど近代格闘技に生かせるシラットやカリなどの伝統武術の練習方法」がメイン・テーマとなります。

この日は、午前中がBJJ(ブラジリアン柔術)にも生かせる東南アジア武術の練習方法、技術やコンセプトで、午後がMMA(ミックス・マーシャルアーツ、総合格闘技)に生かせるシラットやカリなどの伝統武術の技法と練習方法を紹介いただきます。

この日のワークショップは言うまでもなく武術/武道、格闘技などを普段から稽古されている方から、格闘技ファンの皆様にも裏話なども含め面白いワークになること間違いありません。

※ 講習会場はマットや畳のない床での練習となりますこと、ご了承いただけると助かります。

Session 7 :

JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 前編

 

日付2018/10/13(土)
開場時間09:30
講習時間10:00-12:00
定員35人
会場岡山市勤労者福祉センター4F 大会議室
Session 8 :

JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 後編

 

日付2018/10/13(土)
開場時間13:30
講習時間14:00-16:00
定員35人
会場岡山市勤労者福祉センター4F 大会議室

◆JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 前編

岡山でのワークショップは、1日目がバートン師範が子供の頃から親しんで来たフィリピン文化の伝統的な遊び、踊り、音楽と、今までJKDU(ジックンドーアンリミテッド)で長年に渡って研究されて来たオープン・ハンド・テクニック(体術・徒手技術)の紹介が中心となります。

ここでは、バートン師範の素手の技術の基礎となるリズムや動きを東南アジア文化圏での遊び、踊り、儀式儀礼で行うキャンドル・ダンスやカンバンガなどの動きとの関係に触れて行きます。

午前は音楽や踊りで養ったリズムやタイミングと打撃のステップや手の動きの繋がりを習い、午後は同じく伝統儀式の動き、音楽、踊りで養った動きが中間距離から至近距離の相手と組むまでの技や組んだ後の技術とどう関係するかなどを習っていきます。

午前中は「伝統舞踊の動き」と「遠距離から中間距離の技術、打撃」の関係性がテーマで、

  • リズム、タイミング、間合いの捉え方、習い方
  • 踊りと打撃における身体の動きとフットワークの繋がり
  • 踊りと打撃の手の動きの関係
  • 一対一、一対多などの打撃技術と舞踊の関係

などの、あらゆる状況における打撃の仕方をフィリピンの打撃武術・パナントゥカンやインドネシアのシラットを通して教わります。

◆JKDU(ジックンドーアンリミテッド)における東南アジア武術の体術と歴史・文化の変遷 後編

午後からは視点を少し変え「伝統舞踊のリズム、テンポ、タイミング」と「フィリピン組技武術 ドウモッグ」の関係性を取り上げた普通ではナカナカあり得ない中間距離から至近距離の「組技」と「儀礼や舞踊の動き」の関係に触れて行くワークショップとなります。

  • 組技の間合いにおける舞踊の動きの有用性
  • 組むまでの動き、組んだ後の動きのリズム、テンポとタイミングの違い
  • 伝統武術と伝統舞踊のリズム、間、タイミングの繋がり
  • 一対一、対多人数の組技と音楽と踊りで養われたタイミング、リズムと動きの関係性

といった異なるシチュエーションでの組技の役割と意味を習って行きます。

Session 9 :

東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 前編

 

日付2018/10/14(日)
開場時間09:30
講習時間10:00-12:00
定員35人
会場岡山市勤労者福祉センター4F 大会議室
Session 10 :

東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 後編

 

日付2018/10/14(日)
開場時間13:30
講習時間14:00-16:00
定員35人
会場岡山市勤労者福祉センター4F 大会議室

2018 バートン・リチャードソン師範の来日講習会、最終日となる岡山での最後のワークショップはバートン師範が「もし、私が明日から一つしか武術ができなくなったとしたら、一つの流派を選ぶことになったら、迷いに迷った上で…カリを選ぶかと思います!」と言われていました。また、バートン師範は子供の頃からロサンゼルスのフィリピン人コミュニティで育ち、東南アジアの模様しものや儀礼を小学校でしたりしていたそうで、その頃にしたティキリング(バンブーダンス)や他のフィリピン文化的なリズムや間、テンポの取り方を岡山で紹介していただきます。

今回のラストはバートン師範が最も慣れ親しんで来たフィリピン文化の儀礼であるキャンドル・ダンスやバンブーダンスなどの儀式舞踊と武術では最も好きで得意とするカリを中心に様々な伝統儀礼、舞踊、楽器、武術、武器術の関係を紹介していただきます。

様々な道具や武器によって異なるリズムの取り方、間の取り方、レンジ(距離、距離間)をその武器の特徴、歴史、文化背景、役割などを共に習って行きます。また異なる武器術だからこそ習える「武術道具の形と特徴が教えてくれる様々な身体の用い方」の異なる運動可動域の獲得なども教わります。

◆東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 前編

午前中はバートン師範が子供の頃にフィリピノ・コミュニティに住んでいたことから体験したフィリピン文化の模様しものの一つティキリング(バンブーダンス)を習い、フィリピンや東南アジアの文化圏に伝わるリズムやタイミングの取り方、バンブーダンスのステップなどを習います。

それが至近距離からミドル・レンジ(中間距離)における武器術のフットワークを理解するためのリズムやタイミングとどう関わっているかなどにワークは広がって行きます。バートン師範が長年に渡って研究し教えられて来たフィリピン文化を中心とする東南アジア文化の武器術と儀礼、踊り、音楽との繋がりを取り上げていただきます。

  • ティキリング(バンブーダンス)の基本ステップ
  • 短い距離のリズムとタイミング、テンポ
  • 道具や武器の長さによるリズムとタイミングの変化(短めの道具・武器の場合)
  • 武器術から見えてくる踊りのリズムとテンポ
  • ショートレンジ(短距離)とミドルレンジ(中間距離)の武術道具の組み合わせが教えてくれる身体の運動可動域

このようにフィリピンの伝統儀式と民族舞踊であるティキリングから入り中間距離で用いる道具や武器、その特徴を把握するための練習方法などを紹介していただきます。

◆東南アジア武術と文化研究〜武術の道具、武器術と音楽、踊り、伝統儀式の動きとの繋がり 後編

午後の今回の2018来日講習会のフィナーレとなる講習では、午前中に習ったティキリング(バンブーダンス)の復習もしながら、他の東南アジア圏におけるダンスや楽器、武器術の関連について習い。バートン師範が得意とする中間距離の武器術の紹介から、日本ではバートン師範に未だ触れもらってないカリや東南アジア武術におけるロングレンジ(長距離)の武器の用い方、役割、特徴などを紹介していただく予定です。

また午後は武術のスティックを用いた二人稽古やシバット(長い棒)を用いた練習方法から得られる舞踊や音楽に活かせるリズム、テンポ、タイミングの取り方などにも踏み込んで参ります。

  • バンブーダンスなどで舞踊で養ったリズム、テンポとタイミングの武器術への活かし方
  • ミドルレンジ(中間距離)からロングレンジ(遠距離)の道具、武器の用い方
  • 道具や武器の長さによるリズムとタイミングの変化(長めの道具・武器の場合)
  • 武術の道具を使ったリズム、テンポ、タイミング練習と音楽、舞踊への生かし方
  • 道具の形状、長さ、特徴とリズム、テンポ、タイミングの取り方の違いと共通点

などなどに触れていきます。

この様に岡山での二日間は身体を動かすことをバートン師範から武術、武器術、道具、踊り、伝統儀式などを通じて習って行くワークショップとなります。

今回のラストはバートン師範が最も好きで得意とするカリの様々な武器術を紹介していただきます。

様々な道具や武器によって異なるレンジ(距離、距離間)をその武器の特徴、歴史、文化背景、役割などと共に習って行きます。

また、近年ではナイフや刃物を用いた事件も多発するなか、武器に対する基礎知識や特徴、用い方を理解しておくことは何よりもの護身の基礎となります。

午前中はバートン師範がJKDU(ジックンドー・アンリミテッド)で研究し教えられて来たことの中から、カリと東南アジア武術の武器術を取り上げていただきます。

短い距離から中間距離で用いる道具や武器、その特徴を把握するための練習方法などを紹介していただきます。

午後の今回の2018来日講習会のフィナーレとなる講習では、バートン師範が得意とする中間距離の武器術の紹介から、日本ではバートン師範に未だ触れもらってないカリや東南アジア武術における長距離の武器の用い方、役割、特徴などを紹介していただく予定です。

参加費用

参加費用は表の通りです。

小学生・中学生は無料です。

参加費用表
参加数大人大学生
高校生
1コマ10,000円5,000円
2コマ16,000円8,000円
3コマ24,000円12,000円
4コマ32,000円16,000円
5コマ40,000円20,000円
6コマ48,000円24,000円
7コマ56,000円28,000円
8コマ60,000円30,000円
9コマ65,000円32,500円
10コマ70,000円35,000円

参加費用の支払いは事前に指定の口座に振り込んでいただく形になります。

夫婦割り・カップル割り

夫婦・カップルで申し込んだ場合にはカップル割りが適用されます

夫婦・カップルで両方参加するコマ数によって割引額が変わります

夫婦・カップル割引表
夫婦・カップルでの
参加コマ数
割引額
1コマ5,000円
2コマ10,000円
3コマ16,000円
4コマ20,000円
5コマ30,000円
6コマ38,000円
7コマ40,000円
8コマ42,000円
9コマ44,000円
10コマ50,000円

参加費用の例

1人で4コマ参加の時

参加費用表 4コマを参照して、参加費用は32,000円

夫婦で4コマ参加する場合

夫婦それぞれが4コマ参加するとして、割引前の参加費用は32,000 × 2人分 で 64,000円(A)

割引額は夫婦それぞれが4コマなので、夫婦・カップル割り割引表の4コマの所にある20,000円(B)

参加費用は (A) − (B) で 44,000円

家族4人で参加する場合

夫婦・高校生・中学生の計4人で、それぞれが3コマずつ参加するとする

夫婦の3コマずつの参加費用は 24,000円 × 2人分 で 48,000円(C)

高校生の3コマの参加費用は 12,000円(D)

中学生の3コマの参加費用は 0円(E)

割引額は夫婦それぞれが3コマなので 16,000円(F)

参加費用は (C) + (D) + (E) − (F) で 44,000円

会場

岡山市勤労者福祉センター

〒700-0905 岡山市北区春日町5-6
TEL: 086-233-8311
  • バス停「市役所前」から徒歩4分
  • バス停「市役所入り口」から徒歩4分
  • 路面電車の東中央駅から徒歩5分
  • JR岡山駅から徒歩21分

文京区 区民センター

〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-14
TEL: 03-3814-6731

JR

  • JR「水道橋」駅 東口徒歩15分

地下鉄

  • 都営三田線・大江戸線「春日」駅 A2出口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅 4b出口徒歩5分
  • 東京メトロ南北線「後楽園」駅 6番出口徒歩5分

バス

  • 都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2分

池袋近辺の会場

会場の門の開閉状況の関係で集まっての移動となります。申込み後に集合場所を御知らせいたします。